なぜ乳酸菌が必要なのか?乳酸菌の5つの役割


病原菌の増殖を防ぐ

乳酸菌が病原菌にきくわけでなく、 乳酸菌のつくり出す有機酸が、 病原菌の増殖を抑えてくれます。

便通を改善する

このために、乳酸菌をとっている人も多いでしょう。 腸を刺激、便の水分を調整、 便秘だけでなく、下痢にも効果があります。 乳酸菌の成分自体、 食物繊維と同じような働きもあります。 お通じには、乳酸菌ですね。

腸内腐敗を抑える

腸内腐敗なんていうと 体の中が腐っていくかんじがして怖いですが、 悪玉菌の仕業です。 乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えて、 有害物質をつくらせないようにします。 肝臓障害、動脈硬化、高血圧などの リスクを減らすことができます。

抵抗力をアップさせる

腸の免疫機能を刺激、 免疫細胞を強くしたり、調整したりする役割もあります。 病原菌に対する抵抗力のアップ、 花粉症などのアレルギー症状が 緩和されます。

コレステロール値を抑える

年を重ねるほどコレステロール値が 気になってくるものですが、 乳酸菌には、コレステロール値を抑える役割もあります。 コレステロールが血液に吸収されるのを防いでくれます。

だいたいこの5つです。 効果もよく分からず、 なんとなく乳酸菌サプリをとっていると続かないもの。 乳酸菌には、これらの役割があるんだと 把握しておき、その効果を自分自身の体で実感できれば、長続きするかと思います。


↓ 《最新版》乳酸菌サプリおすすめランキング ↓


17年連続!乳酸菌類シェアナンバーワンの実績。

販売実績812万個・愛用者数79万人の乳酸菌サプリのロングセラー商品です。

ビフィズス菌が50億個、生きたまま腸まで届きます。ビフィズス菌は善玉菌の約99.9%を占める代表選手です。

腸まで届いた「ビフィズス菌」を助ける「乳酸菌」と「オリゴ糖」も配合されています。

 


カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌。

フジッコが研究を重ねて作り上げた「善玉菌のチカラ」には、カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌が1粒に20億個以上凝縮されています。

1粒たったの0.71Kcalなのでヨーグルトより低カロリー。だから便秘も解消したいけど、ダイエットもしたいという女性でも安心。

日本人に不足しがちなカルシウムもプラスされています。

 



「乳酸菌サプリメントのソムリエ」おすすめページ一覧


善玉菌と悪玉菌の違いは?悪玉菌は完全に悪?日和見菌とは?

よく聞く「善玉菌」と「悪玉菌」。善い働きをする菌と悪い働きをする菌というのはすぐにわかりますが、 どんな働きをしてくれているか具体的に分かっている方は少ないと思います。 悪玉菌は悪いことを確かにしますが、かといってなくなればいいというものでもありません。 さらにもう1つ「日和見菌」というものもあります。 >>詳しくはこちら

同じ乳酸菌でも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がある?!

乳酸菌とひとえに言っても、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」があります。 たんぱく質に「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」があることを知っている方は多いかもしれませんが、 乳酸菌のほうは知らなかった・・・という方も多いのではないでしょうか? それぞれの特徴や違いを解説しています。 >>詳しくはこちら

乳酸菌で花粉症の症状が出にくくなる?!そのメカニズムとは?

花粉症に長年悩んでいる方は多いですよね。マスクをしたり、薬を飲んだりと、人それぞれいろんな対策をしているとは思います。 そんな花粉症対策の1つとして、乳酸菌を摂取することも効果があると言われいます。 そのメカニズムについて説明しています。 >>詳しくはこちら

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

人気の乳酸菌・ビフィズス菌サプリ

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

介護保険でまかなえるサービス