ためになる?乳酸菌こぼれ話

実際に発売された謎のトンデモ商品!カレーヨーグルトとは?


カレーヨーグルト...おいしいんだか、まずいんだか分からないような名前です。ヨーグルトは、甘いもの。デザート。カレーは、辛いもの。おかず。



合う気がしません。ヨーグルトでもプレーンタイプ、甘くないタイプもありますが、それでもカレーとは合う気がしません。どうなんでしょう。


料理が好きな人だと、カレーの中に隠し味でヨーグルトを入れることがあるのを知っているとおもいます。そこからヒントを得て、つくられたのが、カレーヨーグルト。


ヨーグルトにカレーが加えられたもので、色は2つを混ぜ合わせた黄土色のようなかんじ。匂いもちゃんとカレーの香りがします。


原材料は、砂糖や飴という普通の甘いヨーグルト用のものが入っている一方で、フルーツチャツネ、ブイヨンパウダーなども含まれていたりします。具もちゃんと入っていて、細かく刻んだ牛肉やにんじん、たまねぎ、じゃがいもが入っています。


美味しい?まずい?


うーん...想像しただけで、あまりおいしそうではありませんが、森永乳業から1998年に販売されました。130グラム、148円。えぇっ?森永の商品なのに1回もみたことがない!という人もいるでしょう。それもそのはず、発売後、数ヶ月のうちに製造が中止したという伝説の商品です。



やはり問題は、その味。キャッチフレーズが「ビックリなおいしさ」だったようですが、逆のビックリだったようですね。今までにないヨーグルトの分野を切りひらこうとと意気込んでいたようですが、味がダメでは、売れるはずがありません。


ただ着眼点はいい気がします。ヨーグルトというとほとんどデザート系。ヨーグルトを食べている人の中には、もう飽きていたけど、健康のため、乳酸菌をとるために食べているという人も多いはず。


おやつ、おかず系で美味しいものが出れば、結構売れる気がします。今でもどこかのメーカーが開発しているんでしょうか。


しかし、カレーヨーグルト...小さな定食屋のメニューと違って、大手のメーカーなら、たくさんの人が関わっているわけで、そうそう変なものは、商品化されないはずですが、たまにこうゆうトンデモ商品が出てきてしまうんですね。


食べられないとなると食べてみたくなるもの。復刻版でもでたら、一口くらいなめてみたいものです。まぁ一口でいいですかね。


関連ページ

一体どれだけあるの?!世界の乳酸菌・ヨーグルトあれこれ
ヨーグルトはどうやって作られている?大手メーカーでの流れ
同じようでも違う?ヨーグルト製品の五つの基本タイプ







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス