ためになる?乳酸菌こぼれ話

乳酸菌とアルコール・お酒の関係は?二日酔い予防になる?


3度の飯よりお酒・アルコールが大好き!晩酌でビールを飲まなければ1日が終わった気がしない!という方もいます。そんなお酒好きな方は「アルコールと乳酸菌って一緒に摂取しても大丈夫なのかな?」と気になることもあるでしょう。


朝にヨーグルトを食べるのであれば良いですが、夜に乳酸菌を摂取したいとなると、お酒と口にするタイミングがかぶってはいけないのかな?なんて思っちゃいますね。


結論から言えば、乳酸菌とアルコール・お酒を同時に摂取しても問題ありません。


アルコールと乳酸菌の相性はどうなの?


アルコールといえば殺菌。となると乳酸菌に悪い影響を与えてしまいそうに思えてきます。


ですが、お酒を飲む飲まないに関わらず、ヨーグルト・乳酸菌飲料・その他乳酸菌を含む食品などから乳酸菌を摂取した場合、胃酸などの影響でほとんどの乳酸菌は死滅した状態で腸内へ到達します。


ただ、死滅した状態の乳酸菌(死菌と呼ばれます)であっても、腸の中の善玉菌のエサになるなどの役割を果たしてくれるので、摂取しても意味がないということはないのです。


同様に、アルコールの影響でもし胃の中で乳酸菌が死んでしまったとしても、乳酸菌を摂った意味はちゃんとあるということになります。


また、人気の乳酸菌サプリである「ヘルスエイド ビフィーナS(森下仁丹)」は生きたまま腸にビフィズス菌が届くと表記されています。このような乳酸菌サプリを試してみるのもよいでしょう。


乳酸菌には二日酔い予防効果がある?



アルコールを摂取する前に乳酸菌を摂取しておくと、アルコールが腸を刺激してしまう力を軽くできます。お酒の力で弱くなってしまった腸のケアにもなります。お酒を飲み過ぎると下痢することが多いという方もいると思いますが、乳酸菌をあらかじめ摂取することによって腸内の環境が良くなり、下痢の予防になるケースもあります。


また、乳酸菌の整腸作用は肝機能を助ける効果もあるので、悪酔い・二日酔いの予防にも一役買ってくれます。


お酒を飲む機会は多いけど二日酔いになるのは勘弁してほしい・・・という方は多いと思いますが、そんな方は乳酸菌サプリメントなどで乳酸菌を摂ってみて体の変化を観察してみるのもおすすめです。


二日酔い対策のために市販されている薬もありますが、副作用の心配がないサプリあたりから試してみるという選択肢もあります。


日本では乳酸菌よりもウコン・しじみに含まれるアミノ酸のオルニチンなどのほうが現在は知名度がありますが、今後は二日酔い対策と言えば乳酸菌、と言われるようになっていくかもしれません。


二日酔い対策としての乳酸菌が有名な国もあります。ドイツでは乳酸菌発酵食を食べますし、ブルガリアでは水で薄くしたヨーグルトが飲まれていたりします。


日本では、お酒を飲む前後に乳酸菌サプリ・ヨーグルトなどを意識的に食べるようにしている方はまだまだ少ないとは思いますが、知らず知らずのうちにおつまみから乳酸菌を摂っているケースはあります。


漬け物・キムチを食べながらお酒を飲むのが好きという方もいるでしょう。これらには植物性乳酸菌が含まれています。


飲酒はほどほどに。


以上で見てきたように、乳酸菌はお酒好きな方の味方になってくれる存在とは言えますが、乳酸菌を摂取していれば飲み過ぎてもいいか?と言えばもちろん答えはNOです。


過度の飲酒は、脂肪肝や肝臓の病気、中性脂肪・内臓脂肪などの増加に繋がってしまうこともあり、良いことは何もありません。


仕事上の付き合い・ストレス解消するために飲酒する機会の多い方も、飲み過ぎないように注意して、ほどほどにしておきたいものです。お酒と上手に付き合える人というのは、男性でも女性でも魅力的だと思います。







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス