人気の乳酸菌サプリ一覧

デブ菌を減らして痩せ菌を増やす?「プレミアムスリムビオ」の口コミ・効果は?

「プレミアムスリムビオ」は腸まで届く乳酸菌1兆個配合した乳酸菌サプリ。


「デブ菌」を減らして「痩せ菌」を増やすというキャッチコピーが印象的なサプリです。デブ菌? 痩せ菌? 本当にダイエット効果はあるのでしょうか?



>>デブ菌を減らして痩せ菌を増やす「プレミアムスリムビオ」公式サイトはコチラ




ダイエット方法の種類は本当にいろいろありますよね。中には人気テレビ番組で特集されて話題になるものの、一瞬で消えてしまう「@@ダイエット」という一発屋のようなダイエット方法もあります。


そんなダイエット方法の中でも「王道」と言ってもよい方法が、食事・運動の2つです。王道というか基本ですね。「@@ダイエット」と名前がついていても、たいていは食事の方法だったり運動のノウハウだったりします。



高カロリーな脂ものを避けて野菜を中心とした食生活に改善し摂取カロリーを今までよりも少なめに抑える。そしてウォーキングなどの有酸素運動をして消費カロリーを多くする。基礎代謝を上げるために筋トレをして筋肉をほどよくつける努力をしている女性もいます。最近流行りのヨガに通っているという人も増えてきています。


このような食事習慣や運動習慣の改善は、痩せるためだけではなく健康のためにも大切であることは今さら言うまでもありません。


ダイエットを頑張っている時は、友達と外食する時もなるべくヘルシーなメニューを選んだりしますよね。そんな中、一緒にご飯を食べていても、いつも明らかに食べる量が多いのに太らない子っていますよね。そんな子を見ているとうらやましいものですし、痩せるために努力している自分が馬鹿らしく感じてしまうこともあります。


あいつが太らない理由は?


人によって「太りやすい」「太りにくい」という差が出る理由の1つが腸内環境の違いといわれています。


通称「痩せ菌」と呼ばれるビフィズス菌・バクテロイデス。「デブ菌」と呼ばれるファーミキューテス。この2種類の腸内細菌の比率は人によって異なりますが、痩せている人には「痩せ菌」が多く、太っている人には「デブ菌」が多いんです。


痩せ菌・・・ビフィズス菌やバクテロイデスのこと。普通は腸内細菌全体の約60%が痩せ菌なのですが、太っている人はこの割合が少なくなっているケースがあり、脂肪が取り込まれやすくなってしまいます。


食べたものが消化され、痩せ菌は短鎖脂肪酸を作り、血管を介して全身にある脂肪細胞へと運ばれていきます。短鎖脂肪酸は脂肪が取り込まれるのを防いでくれます。


デブ菌・・・ファーミキューテスのこと。普通は腸内細菌全体の約40%程度がデブ菌ですが、太っている人はこの割合が多くなっている場合があります。


善玉菌・悪玉菌とは違うの?


「痩せ菌」「デブ菌」という名前は聞きなじみがあまりないですが、「善玉菌」「悪玉菌」という名前はよく耳にします。これらは何が違うんでしょうか?


通常、腸内の菌は、善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割という比率です。日和見菌は善玉菌と悪玉菌のうちどちらか優位なほうの助けをするという特性があります。


(日和見菌に関して詳しく知りたい方は、「腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -」の腸内無双「参の陣」裏切りの日和見菌(ひよりみきん)も参考にどうぞ。)


「痩せ菌」「デブ菌」の多くは日和見菌です。痩せ菌を増やすにはビフィズス菌や乳酸菌を摂るのはもちろん、ビフィズス菌や乳酸菌の餌の役目を果たしてくれる水溶性食物繊維・オリゴ糖も一緒に摂ることが重要です。


そんな「痩せ菌」を増やすためにつくられたサプリメントが「プレミアムスリムビオ」です。


「EC-12」って何?


乳酸菌の効果への注目度は上がってきていますが、その中でも話題となっている乳酸菌素材が「EC-12」です。


「EC-12」はオリジナルの技術でエンテロコッカス・フェカリスという乳酸菌を加熱殺菌処理して高密度に濃縮してつくられる乳酸菌素材のこと。


濃縮されているため菌の数がとても多く、1グラムあたり5兆個。ヨーグルト100個分にも相当します。


(参考:乳酸菌とるならヨーグルト?乳酸菌サプリ?どっちがオススメ?


フェカリス菌という名前を聞くとなんだか強そうなイメージ。「ホントに安全な乳酸菌なの?」と思ってしまいますが、人間の腸内にいるタイプの乳酸菌ですから安心して摂れます。


腸内環境を良くし、免疫力を上げるサポートをしてくれるとされている乳酸菌です。


死んだ菌でも効果はある?


「生きたまま腸まで届く」という表現は乳酸菌サプリメントやヨーグルトなどでよく見かけますが、生きたままの菌でなければ効果は期待できない、摂っても意味はない、というわけではないので誤解しないように注意したいところです。


「プレミアムスリムビオ」に配合されている「EC-12」は死んでいる菌ですが、圧倒的な量がありますから大腸の整腸に役立ってくれます。


「スマート乳酸菌」&「茶カテキン」


「EC-12」に加えて、ポリフェノールの吸収力を上げる作用が期待できる「スマート乳酸菌」も配合されています。


ダイエットの助けとなってくれることで知られる茶カテキンはポリフェノールの一種ですが、そんな茶カテキンも一緒に摂れます。


茶カテキンはもともと吸収されにくいという特徴を持っていますが、スマート乳酸菌により吸収されやすくなります。


「ビフィズス菌B-3」


「ビフィズス菌B-3」は短鎖脂肪酸を作ることによって脂肪が蓄えられてしまうのを予防するのに役立ってくれます。


また腸のバリア機能にも働きがあります。腸には有害な物質が入ってこないようにしてくれるバリア機能というものがあるのですが、不規則な食事・不規則な生活習慣・疲れ・ストレスなどによってバリア機能が低下することがあります。


「ラクトフェリン」


「ラクトフェリン」は悪玉菌を減少させて善玉菌を増加させるのに役立ちます。そのためダイエットを助ける効果があるとされています。


そもそもラクトフェリンは母乳の中や、涙・唾液の中などにも含まれている物質です。


その他にも「ビフィズス菌BR-108」「フェカリス菌」「有胞子性乳酸菌」「納豆菌」「オリゴ糖」「水溶性食物繊維(難消化デキストリン)」「グルコマンナン」「アガベイヌリン」なども含むサプリメントです。



>>デブ菌を減らして痩せ菌を増やす「プレミアムスリムビオ」公式サイトはコチラ




関連ページ

乳酸菌でダイエット?!ほんとに痩せるの?
「ビフィズス菌」は乳酸菌の中に含まれる?その違いは?







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス