乳酸菌のいろいろな種類と特徴

「ビフィズス菌」は乳酸菌の中に含まれる?その違いは?


知名度なら、乳酸菌に負けないほど高い「ビフィズス菌」。いろいろなメーカーからビフィズス菌の商品が販売されているためだと思いますが、乳酸菌の中の1つとして考えてもいいんでしょうか。


ビフィズス菌も乳酸菌の中に含めてしまうこともありますが、正確にいえば違います。



乳酸菌は、乳酸をつくるため乳酸菌と呼ばれているわけですが、ビフィズス菌は、乳酸菌以外に酢酸もつくりだします。酢酸をつくるかは、乳酸菌とのビフィズス菌の大きな違いですね。酢酸には、腸内のphを下げて、悪玉菌が増えるのを防ぐ作用があります。


また、乳酸菌の定義に、乳酸の生成量が50%以上というものがありますが、ビフィズス菌はそれ以下です。乳酸菌は、酸素があっても生育できますが、ビフィズス菌は、酸素がないと生育できないという性質をもっていたりします。


生息場所も違います。


乳酸菌は、人、動物の腸内の中以外にも、牛乳、乳製品、発酵食品の中、自然界一般などに生息していたりしますが、ビフィズス菌の場合、主に人、動物の腸内の中。


生息場所がかぎられている分、腸内では、ビフィズス菌ははばをきかせています。


人間の腸内細菌の2割は、善玉菌ですが、善玉菌の9割以上を占めているのがビフィズス菌。善玉菌といったら、ビフィズス菌と考えてもいいくらいの割合です。


では、乳酸菌はどれくらいかというと、ビフィズス菌の千分の一から、百分の一程度。ぜんぜん勝負になりません。ここもビフィズス菌と乳酸菌の大きな違いですね。


善玉菌のビフィズス菌が9割なら、ビフィズス菌だけ摂取していればいいなんて考えちゃいますが、乳酸菌には、乳酸菌の役割があります。ビフィズス菌が住みやすい腸内環境をつくるという役割です。腸内環境が整えば、ビフィズス菌も増えます。


乳酸菌・ビフィズス菌、どちらがいいのかは、むずかしいところ。相性もあり、実際試してみないと分からない部分もあります。乳酸菌・ビフィズス菌、両方摂取するという選択肢もあるでしょう。


最後にビフィズス菌豆知識。



人間の赤ちゃんの腸内細菌は、ほぼ100パーセントがビフィズス菌。善玉菌の中でということではなく、腸内細菌すべてが、ということです。悪玉菌は存在していません。


年を重ねるほど、悪い菌が体に入ってきて、善玉菌が減っていきます。純粋無垢な赤ちゃんが、大きくなるにつれ、悪さ、ずるさを覚えてく感じに似ていますね。


ビフィズス菌をたくさん摂ることで、腸の中ぐらいはちょっとでも赤ちゃんの頃に戻したいものです。


関連ページ

「ヘルスエイド ビフィーナS(森下仁丹)」ビフィズス菌(ロンガム種)で便通を改善
乳酸菌とはそもそも何?人によって効果は同じじゃない?
善玉菌と悪玉菌の違いは?悪玉菌は完全に悪?日和見菌とは?
乳酸菌が含まれる食べ物は何?乳酸菌のエサとは?
《便秘と乳酸菌》乳酸菌が効くタイプの便秘・効かないタイプの便秘







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス