乳酸菌のいろいろな種類と特徴

ヤクルトの主成分「乳酸菌シロタ株」新製品のヤクルトゴールドとは?


乳酸菌について調べているとちょくちょく見かけるのが「乳酸菌シロタ株」。テレビCMなどでもよくやっているので、何者かは分かってないけど名前だけは知ってる!って方も多いのでは?なぜか耳に残る名前ですよね「乳酸菌シロタ株」って。


いまいちピンとこない方もいるかと思いますが、別名だとすぐ分かります。



「ヤクルト菌」


そう、ヤクルトの主成分です。


ヤクルト創始者である代田(しろた)稔さん。予防医学を志し、微生物研究の道入った彼は、医学博士となり、生きて腸まで届き、悪い菌を減らしてくれる乳酸菌を発見します。これに自分の名前から、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株と命名。今は「乳酸菌シロタ株」「ヤクルト菌」と呼ばれています。


参考・・・シロタ株.jp(ヤクルト公式HP内)


「ヤクルト」の販売が始まったのが昭和10年なので、かなりの歴史ある乳酸菌飲料です。現在はヤクルトといっても商品は1つだけではありません。ノーマルなヤクルト以外にもいろいろな種類のものが出ています。紹介しましょう。


ヤクルトゴールド


2014年の6月から発売しはじめたばかりの新しい商品です。グルコサミンやローヤルゼリーなどを配合、酸味と甘味が抑えられてマイルドな風味です。高級感を味わえます。値段が張りそうな気がしますが、普通のヤクルトのメーカー希望小売価格が一本40円のところ、ヤクルトゴールドは50円。それほどでもありません。一度は飲んでみたいですね。


カップdeヤクルト


期間限定の商品ですが、ヨーグルトみたいな食べるタイプのヤクルトです。味わいは濃厚ですが酸味はスッキリ。生クリーム仕立てになっています。ヤクルトファンなら食べないわけにはいかないでしょう。


希望小売価格は税別で115円。スーパーやコンビニで売っています。販売期間は2015年3月までの予定なので、お店でみかけたら即買いですね。


ヤクルトフルーティ


マスカットの果汁が配合されたタイプ。普通のヤクルトの内容量が65mlのところ、ヤクルトフルーティは80mlとちょっと多めです。


ヤクルトAce


ビタミンC、ビタミンD、ガラクトオリゴ糖が含まれ、甘さスッキリタイプ。味が薄く感じる人もいるでしょう。大人のヤクルトです。


ヤクルト400


ヤクルトの後ろの400は、400億個の400。普通のヤクルトがシロタ株200億個のところ、倍の400億個。カロリーと甘さを控えた「ヤクルト400LT」もあります。


毎日ヤクルトを飲んでいる方はもう習慣化してしまって、味を楽しむという感じではなくなっているのでは?たまにこういった別の商品に変えてみると、違う味が楽しめて新鮮です。乳酸菌に関しては同じものがしっかりとれますからね。


ちなみに、普通のヤクルトも2013年にリニューアルされ、Newヤクルトになっています。強化されたのは乳酸菌シロタ株の量。以前の商品が150億個だったのが、200億個になりました。乳酸菌の量が増える分には何の問題もありません。大歓迎ですね。


関連ページ

乳酸菌と美肌の関係│ヤクルト化粧品誕生の秘密とは?
乳酸菌のとりすぎは体に悪い?副作用は?1日の目安量は?
同じ乳酸菌でも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がある?!
サプリメント・健康食品・保健機能食品・栄養機能食品の違いは?
牛乳を飲むとお腹をこわす人は、乳酸菌・ヨーグルトもダメ?







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス