乳酸菌のいろいろな種類と特徴

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌「クレモリス菌」とろみの効果とは?


カスピ海ヨーグルトは、ご存知の方も多いでしょうが、このカスピ海ヨーグルトをつくっているのがクレモリス菌です。


カスピ海ヨーグルトというと食べたことがある人は、分かると思いますが、普通のヨーグルトより、酸味が少なく、ネバネバしています。


この原因がクレモリス菌。クレモリス菌が、乳糖からとろみを生成、強い粘性と独特の風味を生んでいるんです。


(参考:カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株を凝縮した乳酸菌サプリ→「善玉菌のチカラ(フジッコ)」カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセル


問題は、味や触感より、その効果。クレモリス菌にどんな効果があるかですが、グリコがその研究リポートを載せていました。それによると...


排便習慣の改善!



20代・30代の成人にクレモリス菌のヨーグルトを毎日100g、4週間摂取してもらったところ、摂取前に比べ、あきらかに排便回数、便の量が増加したとのこと。


コレステロール低下作用!


ラットによる試験で、クレモリス菌が、中性ステロールや総胆汁酸の排出を促進、血清コレステロール濃度を低下させることが確認されています。


コレステロールが増加する原因は、体外から摂取量が増える外因性、代謝バランスが崩れる内因性がありますが、その両方での試験の結果です。


免疫調節機能!


カスピ海ヨーグルトの特徴であるクレモリス菌が作るとろみの成分、「多糖」多糖の免疫調節機能について、ラットで試験しました。その結果、多糖は免疫細胞を刺激する作用、アレルギー症状を緩和する可能性があるということが分かっています。



とろみ、ねばりのある食品体にいいとされていますが、カスピ海ヨーグルトでもしっかり証明されたわけです。


これは、グリコ乳業の商品開発研究所のリポート。


聞きかじりの知識の宣伝でなく、自社でおこなった研究結果。大手の食品会社は、こうゆう部分が信頼がもてますね。研究は、完了したわけでなく、今なお続いています。


それに合わせて商品が改良されることもあるでしょう。より体にいい乳酸菌を!こうゆうジャンルの研究は、お金を惜しまず、どんどん進んで欲しいですね。


(グリコの研究は、正確にいえば、クレモリス菌GCL1176株という乳酸菌。他のクレモリス菌でもそれほど違いはないものと思われます。)


最後にもう1つ。


カスピ海ヨーグルトの本場といえば、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地方。ここは、100歳を超えるお年寄りが多い長寿地帯だったりします。長寿のための乳酸菌でもクレモリス菌かもしれませんね。


(参考:カスピ海ヨーグルトを使っている人気の乳酸菌サプリ→「善玉菌のチカラ(フジッコ)」カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセル




関連ページ

「善玉菌のチカラ(フジッコ)」カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセル
生活習慣病の予防・中性脂肪の低減効果あり!「R037乳酸菌」
生きたまま腸に届き、そのまま定着する「ガセリ菌SP」
ヨーグルトとは似て非なるもの?!「ケフィア」
腸管バリア機能アップ!腸の老化を抑制する「LBS81乳酸菌」







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス