乳酸菌の効果・効能

歯周病予防に効果がある乳酸菌がある?!


子供の頃は、歯といえば虫歯にだけ注意しておけばよかったのが、ある程度年がいくと、歯周病にも気をつけなければいけないようになってきます。


虫歯と違い、自覚症状のないまま進むのが怖いところ。虫歯が痛くなったり、歯ぐきが腫れて痛かったりすれば、誰でも歯医者へ行くと思いますが、何もなければ行かない人が多いです。歯周病予防のためにも、めんどくさがらずに定期的な歯科検診を受けに行くことをオススメします。



ジンジバリス菌が悪さをする。


口の中も腸内と同じように、善玉菌と悪玉菌がいます。ジンジバリス菌は悪玉菌で、歯・歯ぐきの隙間の歯垢・プラークを餌として増加していき、歯肉などに炎症を引き起こして歯周病になっていってしまいます。歯周病は口臭の原因になることも多いです。その他に、ミュータンス菌といって砂糖から乳酸をつくることによって虫歯の原因となる悪玉菌もいます。


しっかり予防策をとっておきたい歯周病ですが、歯周病予防に効果がある乳酸菌もあるんです。


「LS1(TI2711)」という乳酸菌。


歯周病の原因で、病原性が高い、たちの悪いのが「ジンジバリス菌」。なんか悪そうな名前をしています。LS1には、このジンジバリス菌を殺菌する効果があるんです。


その効果は抜群です。LS1とジンジバリス菌を混ぜて培養した場合、ジンジバリス菌は、生き残れません。LS1が作り出す乳酸がジンジバリス菌を殺す力を持っているからです。LS1の菌数がジンジバリス菌の100万分の1しかいないとしても、結果は同じ。ジンジバリス菌はきえてしまいます。



一騎当千(一騎で千人の敵に対抗できるほど強い)なんて言葉がありますが、一騎当百万というところでしょうか。1個のLS1が、100万のジンジバリス菌と戦って負けない。絵にすると面白そうですね。


その他、プレボテラ・インターメディア菌も抑制。


歯周病原因細菌には、プレボテラ・インターメディア菌というものがありますが、乳酸菌は、この菌も抑制する効果があることが最近の研究で分かってきました。


LS1の服用で、プレボテラ・インターメディア菌が減少。増加を抑制する働きもあります。その効果は、服用を停止して、四週間たっても続いているほど。ここでもLS1のパワーがかいまみえますね。


LS1は、ライオンからタブレットの商品が出ています。タブレットといっても薬やサプリメントのように飲んでしまっては、意味がありません。口の中でなめて使います。


できるだけ長くなめている方が効果があるので、アメをすぐ噛んでガリガリやっちゃう人は、気をつけたいところです。子供さんでもおいしくなめられる、さわやかなクリーンミント味。半分お菓子みたいなものですね。こうゆうものの方が長続きします。



日本人の約8割は、すでに歯周病かその危険性があるといわれていたりもします。何か対策は、うっておかないと、のちのち後悔するのが歯周病。乳酸菌 LS1なら、手間もなく簡単に歯周病予防になります。口臭予防という効果もあります。LS1に興味がある人は、試してみてはどうでしょうか。


関連ページ

乳酸菌で花粉症の症状が出にくくなる?!そのメカニズムとは?
抵抗力が高まる?!インフルエンザ予防にもなる乳酸菌
乳酸菌でおならの臭さを減らすことができる?!
乳酸菌と美肌の関係│ヤクルト化粧品誕生の秘密とは?
【まとめ】効能別!こんなときに役立つ乳酸菌はこれだ!







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス