乳酸菌の効果・効能

乳酸菌と美肌の関係│ヤクルト化粧品誕生の秘密とは?


乳酸菌と美肌...
一見何の関係もなさそうですが実は大いに関係があります。


言い方を変えましょうか。


「腸内環境と美肌」
これであればピンと来る方も多いでしょう。「お肌は腸の状態を表す鏡」なんて言葉もどこかで聞いたことがあるような気がします。


悪玉菌が多い状態。腸内環境が悪化している状態においては、腸内に有害ガス・腐敗物が発生してしまいます。これらが腸の毛細血管から血液を通って全身に巡っていき、肌荒れなど様々な肌トラブルになることがあります。腸内環境と肌は切り離して考えることのできない同士と言っても良いかもしれません。


逆に、便秘をしていない状態、腸内の環境が良い状態であれば、肌トラブル改善にもつながっていくことでしょう。乳酸菌をしっかり摂取するなどして、善玉菌が多い状態な方の場合、お肌への負担も少なくなります。



自分に合う化粧品はどれだろう?といろんなメーカーのスキンケア商品を試してみたり、どんなに高価な化粧品を使ってもあまり美肌効果を感じられない・・・という方は、乳酸菌をしっかり摂取することにより体の内側からアプローチしてみて、お肌の変化を観察してみるのも良いかもしれません。


よく考えるとそうですね。肌をつくっているのは、体の内側。美肌というと体の外側のケアだけを考えてしまいますが、根本的なことも考えてあげなければいけません。それに、ビフィズス菌飲料などからビフィズス菌を継続的に摂取していると、肌の保湿力アップに効果があるというデータもあるようです。


乳酸菌は外側からも肌に良い?



ただ、乳酸菌の場合、内側からだけでなく、外側からも肌によかったりします。


その昔ヤクルトはビンで売られていたので、工場でヤクルトのビンを洗うという仕事がありました。この仕事をしている人の手は、なぜかみんなスベスベ。調べてみると、乳酸菌がつくる物質に肌をスベスベにする効果があったんだとか。これが、天然SE液、ヤクルト化粧品が誕生するきっかけでした。


参考・・・乳酸菌飲料のヤクルトが作った化粧品の公式オンラインショップ


飲んでよし、つけてよしといったところでしょうか。ほんと乳酸菌は、万能ですね。


といってもヤクルトをそのまま肌に塗るのは、あまり聞かないので、やめておいた方がいいでしょう。そんなに安上がりでもないですからね。飲み残したヤクルト試しにちょっとつけてみるぐらいなら、ありかもしれません。


ちなみに、ヤクルト化粧品の研究・開発が始まったのは、最初、「全国のヤクルトレディたちの、お肌を守る化粧品をつくろう」という目的のため。自分の会社で働いてくれている人のためにつくったものが、商品になり、会社の利益になっていく。理想な流れな気がします。


関連ページ

ヤクルトの主成分「乳酸菌シロタ株」新製品のヤクルトゴールドとは?
乳酸菌でダイエット?!ほんとに痩せるの?
歯周病予防に効果がある乳酸菌がある?!
《便秘と乳酸菌》乳酸菌が効くタイプの便秘・効かないタイプの便秘
乳酸菌で花粉症の症状が出にくくなる?!そのメカニズムとは?







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス