乳酸菌の効果・効能

生活習慣病予防に!乳酸菌摂取でコレステロール値を下げる?!


健康診断などで、コレステロール値の高さを指摘されている方も多いでしょう。コレステロールの高さは、生活習慣病につながります。コレステロール値を下げるためには、乳酸菌を摂取するのが良いという話はありますが、まずは毎日の食生活を改善していくのが基本としてあります。


コレステロールを上げる食品

脂身の多い肉
チョコレート
卵黄
カップラーメン
ポテトチップス
チーズ


などなど、どれも美味しいものばかり。すべてを断てといわれても、酷な話です。これらの食品をまずは控えめにとることぐらいから始めるのがよいでしょうね。


逆に、コレステロールを下げると言われている食品を多めにとるというのもありです。


コレステロールを下げる食品

豆腐など大豆製品
野菜
果物
海藻
青背の魚


などです。コレステロールを上げる食品に比べると「いまいち魅力にかけるラインナップだな・・・」と感じる方も多いかもしれませんね。これらの食品をほとんど食べない・・・という方も今の日本では多いのかもしれません。


まずは少しずつでもいいので食事に取り入れていきたいものです。調理方法など工夫して美味しくてしかもバランスの良い食生活を目指したいところ。


コレステロールは低ければ低いほど良いわけではない。


コレステロールの数値はとにかく下げればよいと思い込みがちですが、実はコレステロールは人間の体にとってなくてはならないものです。血液の中の脂質の1つであり、ホルモンの原料になったり細胞膜を作ったりするのに役立っている物質なのです。


善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールの2種類あり、悪玉のほうが増えすぎてしまうと、血管が詰まりやすくなってしまい動脈硬化などを引き起こしてしまうこともあります。善玉と悪玉という名前がついているものがあるという点では腸内細菌と似ていますね。


乳酸菌の力を借りるのもあり。


乳酸菌にもコレステロールの値を低下させる効果があると言われています。



乳酸菌は、腸内でコレステロールに付着、コレステロールを一緒に体外へ排出してくれます。上手く出来ているのは、この作用があるのは、コレステロール値が高い時だけだという点。通常のコレステロール値の人は、乳酸菌摂取しても、排出されません。


乳酸菌が、ちょうどいいコレステロール値に調整してくれるということですね。


コレステロールの排泄機能が高いのは、植物性乳酸菌より、乳系乳酸菌の方。そのなかでも、乳酸球菌、ラクトコッカス・ラクチスの方がコレステロールをより多く吸着するそうです。


このコレステロールの吸着に関していえば、生菌でも死菌でも効果は同じとのこと。あえて、生きて腸まで届くというタイプを選ばなくてもいいということです。


コレステロール値が多少高いだけでは病気ではありません。はっきりした病気じゃないと行動に移しづらいものです。しかし、確実に大きな病気の元だったりします。


何もしなければ何も変わりません。コレステロールが高い状態が続いていきます。まずは最初の一歩。乳酸菌を摂取するぐらいなら何の我慢もなくはじめられます。さっそく明日からでもどうでしょう。これだけでコレステロール値が下がってくれたらもうけものだ!ぐらいの感覚で乳酸菌サプリを飲んでみるのもいいでしょう。


DHA・EPAサプリも検討の余地あり?


コレステロールを下げる効果があると言われているサプリメントには、乳酸菌サプリの他に、DHA・EPAサプリもあり、人気があります。


DHA・EPAは青魚に多く含まれているオメガ3脂肪酸であり、コレステロールや中性脂肪の数値が気になるという方に支持されています。








  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス