乳酸菌の効果・効能

乳酸菌で花粉症の症状が出にくくなる?!そのメカニズムとは?


昔は、冬の終わり頃になると「もうすぐ暖かくなる!」とウキウキしていたのが、花粉症になってからは逆に気が重い...という方も多いでしょう。ずっと冬では困りますが花粉症ももっと困ります。なんとかならないものでしょうか。


花粉症の薬はいろいろありますが、できれば頼りたくないもの。普通の食材で花粉症の症状が緩和できたら、それにこしたことはありません。いつも口にするもので、花粉症に効くもの...その1つが乳酸菌です。なぜ効くのか?そのメカニズムを説明しましょう。


まず、花粉症と免疫について。



花粉症といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や鼻のかゆみなどの症状が出ますが、それ自体は、悪いことじゃありません。


これらの症状は、体に害のある異物が入ってきたときに、排除しようとしてくれる機能だからです。いわゆる「免疫システム」と呼ばれるものです。


花粉が体に害のあるものなら、正常に免疫システム作動してくれていて、体を守っているということになります。しかし、花粉が体に害のないものだと話は違ってきます。害がないものなのに、免疫システムが作動してしまい、くしゃみや鼻水、余計な防衛機能が働いてしまっている。


まったく必要のないときに、ウォッシャー液が出て、ワイパーが動いているようなものでしょうか。運転の邪魔でしかありません。


乳酸菌を摂取した場合どうなるか。


免疫システムをコントロールするのは「ヘルパーT細胞」というリンパ球。ヘルパーT細胞には「Th1細胞」「Th2細胞」の2種類があります。このうち「Th2細胞」の働きが強くなってしまうと免疫の過剰反応を招きます。


乳酸菌は、ヘルパーT細胞の2型(Th2)の増殖を抑える力を持っています。Th2が増えないことで、「IgE抗体」という抗体も減ります。「IgE抗体」こそ、花粉症のさまざまな症状を引き出すもと。これが減れば、花粉症の症状が緩和するというわけです。


じゃあ、春になったら乳酸菌をとるようにしようと考えている方、それでは遅いんです。



症状が出てからでは、効果が低くなってしまいます。目安は、花粉が飛ぶようになる3カ月前ぐらいから。毎日乳酸菌をとるのがベストです。


毎日ヨーグルト・発酵食品はきついな...という方、今は、乳酸菌のサプリも出ています。1日1粒、多くても3粒程度なので、摂取するのに負担はないです。


もし花粉症にきかなかったとしても、乳酸菌自体は体にいいものなので、損には全くなりません。便秘が解消した、ダイエットになった、それはそれで結果オーライです。第一目標が、花粉症の症状緩和というイメージで、乳酸菌サプリを今年あたり試してみてはいかがでしょう。


細菌、花粉症対策で注目されているのが「L-92乳酸菌」という乳酸菌です。「L-92乳酸菌」について詳しく知りたい方はカルピスが発見した「L-92乳酸菌」のページを参考にどうぞ。




関連ページ

抵抗力が高まる?!インフルエンザ予防にもなる乳酸菌
《便秘と乳酸菌》乳酸菌が効くタイプの便秘・効かないタイプの便秘
歯周病予防に効果がある乳酸菌がある?!
乳酸菌でダイエット?!ほんとに痩せるの?
乳酸菌と美肌の関係│ヤクルト化粧品誕生の秘密とは?







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス