乳酸菌の効果・効能

乳酸菌は薄毛対策・抜け毛予防に効果あり?


「薄毛対策のために普通のシャンプーから育毛シャンプーに変えてみた。」「抜け毛予防・発毛のために評判の良い育毛剤を使っている。」という方は多いですが「髪の毛のために乳酸菌を摂取している。」という話はあまり聞きません。


乳酸菌の効果と言えば便通の改善がおそらく一番有名。その他にも、花粉症対策、風邪やインフルエンザの予防、ダイエット、美肌、、、など様々な効能があることで知られていますが、実は育毛効果もあるとされているのです。


薄毛に悩みを持つのは男性だけだと思いがちですが、最近では薄毛や抜け毛に悩む女性も増えています。そんな薄毛と乳酸菌の関係を見ていくことにします。


腸内環境と頭皮環境の関係


乳酸菌といえば腸内環境正常化に効果的であることは皆さんご存知の通りです。で、腸内環境悪化と頭皮の環境悪化は全然関係無さそうですが、実は大いに関係ありなのです。


腸内の悪玉菌が減って善玉菌が増えるなどして環境が良くなれば、ミネラル・ビタミンなど髪の毛の健康に必要不可欠となってくる成分が体に吸収されやすくなります。


便秘が改善されれば、腸の中で食べ物が腐敗することもなくなるので、髪を含む体全体へ栄養素が届きやすくもなります。


このように、腸と頭は場所的にもすごく離れているので関係性は薄そうと思ってしまいますが、実は関係あるのですね。


発酵食品と「IGF-I」の関係



IGF-I(インスリン様成長因子)とは、皮膚や筋肉など私たち人間の様々な部分に含まれるアミノ酸の結合体のことです。


IGF-Iには美肌効果や免疫力アップ効果などいろんな効果があることが分かってきていまして、育毛にも効果があると言われています。


IGF-Iを増やすには、増やしたい部分の周辺をマッサージするなどして知覚神経を刺激するとよいです。薄毛・抜け毛対策をしたいのであれば頭皮マッサージをすると良いということですね。


そして、ヨーグルトなどの発酵食品を摂取すれば胃腸の周りにあるIGF-Iが増加し、それにともなって全身のIGF-Iも増加するのです。


髪の毛の毛根周りでもIGF-Iが増加することになり、薄毛対策に役立ってくれる、ということです。


乳酸菌H61が抜け毛予防に効果あり?


乳酸菌には多くの種類がありますが、その中でも「乳酸菌H61」には若さを保つ効果・抜け毛予防の効果があるとされています。


IGF-Iを増やすのに役立つ発酵食品には、ヨーグルトの他にも味噌・漬け物・キムチなどがありますが、発酵食品の中でも乳酸菌H61を含んだヨーグルトを選ぶようにするのも良さそうですね。


ただ乳酸菌H61が含まれていないヨーグルトであっても発酵食品には変わりないので、IGF-Iの増加に役立ってくれて薄毛対策になると考えられます。


内側からと外側からの薄毛対策


食事のバランスが悪い・ストレスが溜まり過ぎなど薄毛の原因には、様々なものが考えられます。


その対策といえば、育毛剤・育毛シャンプーの使用など外側から、と考えがちな方は多いですが、乳酸菌のように内側から対策できることはないか、と考えてみるのも良いですね。


内側からの薄毛対策といえば、AGAクリニックで処方してもらえるプロペシアが有名ですが、副作用が気になる方の場合には、とりあえず乳酸菌あたりから始めてみるのも良いでしょう。







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス