まずはここから!乳酸菌の基礎

同じ乳酸菌でも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がある?!


たんぱく質というと動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があり、なんとなく聞いたことがあるという方も多いと思います。同じように、乳酸菌にも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。動物由来か?植物由来か?の違いです。我々人間の腸の中の乳酸菌も動物性乳酸菌のほうです。人間も動物ですからね。



乳酸菌といってまず思い浮かぶのはヨーグルトですが、ヨーグルトは動物性乳酸菌の方になります。牛乳が原料だからですね。「チーズ」「くさや」なども一緒です。



では、何が植物性乳酸菌なのか。植物が原料で発酵させたもの。
漬物、キムチ、ザーサイ、味噌、醤油、みりん、甘酒、納豆などがそれにあたります。


植物性のうほうは、あまり乳酸菌のイメージがないものが並びますが、しっかり乳酸菌が含まれています。


動物性乳酸菌のエサは、乳に含まれる乳糖。
植物性乳酸菌のエサは、野菜、大豆、米などに含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などです。


植物性乳酸菌の特徴は?


植物性乳酸菌の方が、マイナーな分、たいしたことない乳酸菌なんじゃないかと思っちゃいますが、そんなことはありません。


植物性乳酸菌は、酸、アルカリ、温度変化、塩分に強いという特徴を持っています。動物性乳酸菌だと胃酸の海を乗りきれませんが、植物性乳酸菌なら、胃酸を突破!見事、腸までたどりつくことができるんです。


タフでたくましく、過酷な状況下でも生きていられるのが、植物性乳酸菌ですね。他の菌と共存することもできるという特徴も持っています。


植物性の発酵食品の中には、乳酸菌だけでなく、酵母菌、納豆菌など有用な菌も入っていたりします。一粒で二度おいしいではありませんが、体にいいものがたくさん入ってくれていた方がありがたいものです。


種類の数も、動物性乳酸菌が約20種類しかないのところ、植物性乳酸菌はその約10倍あります。断然上です。


乳酸菌というとヨーグルトにばかり目がいきがちですが、植物性乳酸菌の方が優れている点がたくさんあったりします。乳酸菌を摂取することを考えているなら、植物性乳酸菌についても一考の余地ありです。



普段の食生活で、漬物、キムチ、納豆、味噌、などをあまり好んで食べない、という方も今の日本には多そうですね。特に「漬物」に関しては、子供の頃は一緒に住んでたおばあちゃんが作ってくれてたけど、今は作らないし買って食べることもないなぁ・・・という方も多いのでは?


そんな方もぜひ、これらの植物性乳酸菌を含む食品を、初めは少しずつでもよいので、食生活にバランス良く取り入れていきたいものですね。


「植物性乳酸菌はなかなか食事には取り入れられそうにないなぁ・・・」という方は、植物性乳酸菌由来のサプリメントを検討してみるのもよいとは思います。


(参考:「植物性乳酸菌ラブレ(カゴメ)」生きた菌を生きたままサプリメントに!




関連ページ

「植物性乳酸菌ラブレ(カゴメ)」生きた菌を生きたままサプリメントに!
乳酸菌とはそもそも何?人によって効果は同じじゃない?
トクホとトクホじゃない乳酸菌?そもそもトクホ(特定保健用食品)とは?
ヨーグルトの乳酸菌の数は決められている?!乳等省令とは?
乳酸菌にはどのくらいの耐熱温度がある?温めると死んでしまう?







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス