まずはここから!乳酸菌の基礎

善玉菌と悪玉菌の違いは?悪玉菌は完全に悪?日和見菌とは?


人間の腸の中には、約100種類、約100兆個の細菌が住みついているといいますが、その働きから善玉菌と悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3つにわけることができます。


もちろん名前なんて便宜的につけられた言葉なわけですが、よくその特徴をあらわしています。それぞれについてみてみましょう。善玉菌と悪玉菌はよく耳にする菌ですよね。



善玉菌


善玉菌。つけられて嬉しい名前です。乳酸菌、ビフィズス菌などがこれに含まれますが、どんな効果があるのかみてみましょう。


善玉菌の効果

悪玉菌の影響を抑える。
整腸機能。便秘や下痢の予防。
免疫力アップ。風邪、感染症の予防。
食べたものの消化吸収を促進。
ビタミンを合成する。


など。その名の通り、善玉の菌です。ちなみに、善玉菌は、腸内を酸性にしようとし、悪玉菌は、アルカリ性にしようとする。さすがはライバル同士、まさに真逆です。


悪玉菌


悪玉菌。考えようによっては、かなりひどい名前をつけられた菌です。ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(毒性株)などの菌がこれにあたりますが、どんな悪いことをするんでしょう。


悪玉菌がする悪さ

腸内の腐敗を起こす。下痢や便秘のもとになる。
有害物質を作る。(アンモニア、硫化水素、インドール)
免疫力を弱める。


たしかに悪玉ですね...。じゃあ絶滅させればいいかというとそうではありません。


悪玉菌は、善玉菌の刺激になりますし、体内に侵入した病原性菌を攻撃するという役割もあります。大切なのはバランス。増えすぎなければOKなんです。人間社会にもこうゆう存在はありますね。


子供向けアニメの世界にも似ているかもしれません。悪者が出てこないほうがいいと思いきや、全然出てこなかったらおもしろくなりませんよね。悪者がいるからこそヒーローが輝く。そして悪者がたまにイイこと言ったりもします。例えが違ったかもしれませんが、こういうことです。


日和見菌


善玉菌、悪玉菌は有名ですが、もう1つ日和見菌(ひよりみきん)なんてものも存在しています。大腸菌(無毒株) 、バクテロイデス(無毒株)などがこれに含まれますが、その名も通り日和見主義の菌です。


善玉菌と悪玉菌、優勢な菌と同じ働きをする性質があります。善玉菌優勢時は、ビタミン合成など有益な働きをしてくれますが、ひとたび悪玉菌が優勢になれば、有害物質をつくりはじめます。



強い方につく。人間なら嫌われるタイプですね。ドラえもんでいうと「スネ夫」的ポジションでしょうか。ドラゴンボールでいうと「ベジータ」。仲間にしておけばとても心強いですが、敵になると恐ろしい・・・。


この菌に悪さをさせないためにも善玉菌を優勢な状態にしておかないといけません。


普段の食事でなかなか乳酸菌を摂ることができていない方は、乳酸菌サプリメントやヨーグルトなどで乳酸菌を補ってあげて、スネ夫・ベジータはなんとしても味方につけておきたいところです。


関連ページ

乳酸菌とはそもそも何?人によって効果は同じじゃない?
同じ乳酸菌でも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がある?!
乳酸菌が含まれる食べ物は何?乳酸菌のエサとは?
【まとめ】効能別!こんなときに役立つ乳酸菌はこれだ!
乳酸菌のとりすぎは体に悪い?副作用は?1日の目安量は?







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス