腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

腸内無双「参の陣」裏切りの日和見菌(ひよりみきん)


人間の腸の中では、いにしえより続く争いがあった。
「善玉菌軍団」VS「悪玉菌軍団」。


劣勢の「善玉菌軍団」を「乳酸菌部隊」は必死に救援。
秘技「酸性フィールド」や、命も惜しまぬ献身。


そして乳酸菌部隊は後輩に道をたくした・・・


「善玉菌軍団」が完全に優勢!
「悪玉菌軍団」に勝ち目などない!


誰もがそう思っていた。



いにしえより続く腸内の争い。
善玉菌軍団と悪玉菌軍団の戦いの影に、
第三の勢力の存在があったのです...


このたびの戦、
ぜひ善玉菌軍に加勢していただきたく、
参上つかまつりました。
今日こそよい返事をお聞かせ願いたい!


......
何度もおこしいただいて
恐縮ではございますが、
わしらの返事はいつもと同じ。
善玉菌軍団に力は貸せませぬ。




善玉菌の使者が、加勢を頼んでいる相手、
それは、"日和見菌(ひよりみきん)"


腸内細菌といえば、
善玉菌と悪玉菌で二分されていると思われていますが、
実は、第三の勢力"日和見菌"が存在しています。


帰れ、帰れ!
日和見菌族は、
我らの味方になることを決められたのじゃ。
善玉菌などおよびでないわ!


なに?!



善玉菌軍団使者から遅れること数分。
悪玉菌軍団使者も到着していたようです。


悪玉菌軍団の使者どの、
勝手なことを申されては困りまする。
そんなことは、決めておりませぬ。


悪玉菌軍が勝利したあかつきには、
恩賞は望みのままと申しておるだろう!
何の不服もあるまい。
いい加減決められたらどうじゃ。


なぜ2つの軍団が、日和見菌に執着するのか。
それは、その勢力にあります。


腸内細菌の割合は、
善玉菌=20パーセント
悪玉菌=10パーセント
日和見菌=70パーセント!


圧倒的多数をしめるのが日和見菌なんです。
彼らを味方に引き入れた側が勝利に近づく。
どちらの軍も毎日のように使者を送っていました。


二組の使者がそろわれたよい機会じゃ!
この際はっきり申し上げておきます。
日和見菌は平和を愛する一族。常に中立。
どちらの味方にもなりませぬ!
そのことをどちらの軍団長にも
はっきりとお伝え願いたい!


望めば、天下を手にすることのできる勢力の日和見菌。
自ら野心を持つことなく、また、どちらに加勢するでもなく、
ただ、静観の構えをつらぬき通しておりました。


平和を祈るのが彼らの日課だったのです。


ところが...


善玉菌軍団と悪玉菌軍団が火花を散らす腸内合戦場。
いつものように一進一退の攻防を繰り返していましたが、
善玉菌軍団長のもとに異変を知らせる報告が入ります。



団長ー!大変であります。
後方より新たな悪玉菌軍団が出現しました!!


なんだとー!
悪玉菌軍団め、やりおるわ、
兵を二手にわけたか!
戦力を2つにわけ、半分を後方の防御にまわせー!


団長ー!大変であります。
左舷より新たな悪玉菌軍団が出現しました!!


なんだとー!
悪玉菌軍団め、3つにわけたのか...?!


団長ー!大変であります。
右舷より新たな悪玉菌軍団がーーーー!


なにーーー?!どうなってる?!
悪玉菌軍団め、どういうつもりだ?
兵をこんなに分散して勝てるとでもいうのか?!



こ...これは...違う...
兵を分散してるんじゃない...
兵の数そのものが増えているんだ!!!



みるみるうちに善玉菌軍団のまわりを
悪玉菌軍団がとり囲んでいきます。


ものすごい数です。
あっというまに、
360度すべて囲まれてしまいました。


ふっふっふっ...どうかね。このいかんともしがたい戦力の違い。
計算してみろ。貴様らが勝てる可能性はゼロだ。無駄な争いを避け、もう降伏したらどうかね...。


?!


勝てない戦いをして
なんになるといっているんだ。


...............
お前、何者だ......


....何を申す?


悪玉菌軍は、
敵に降伏をせまるようなことは絶対しない。
自分が優位な状況にたてば、
ただ全力で潰すだけだ...


........


お前は、何者だーーーー?!
正体みせよおぉぉぉーー!!



善玉菌軍団団長の気合いが、
悪玉菌軍団団長の偽りの仮面をはぎとる


あ...あなたは、
日和見菌族長ー?!
どうして、悪玉菌団長の姿を...?!


ということは、このまわりの悪玉菌軍団も...



変化がとけていく


やはり、日和見菌の方々?!
日和見菌は平和を愛する一族。
常に中立。
どちらの味方にもならないのでは、
なかったのですか。


確かにそのとおり。
しかし、それは、、、
両者の力が拮抗している場合のみ。


現代人の偏った食生活によって、悪玉菌が有利な状況になると、わしらは望む望まぬに関わらず、悪玉菌化してしまうのだ。
悪玉菌としてはたらく事を強要させられるのです。それがわしらの生まれ持った習性。習性にはさからえませぬ。


悪玉菌となった以上、
悪玉菌としてそなたたちと
戦わねばなりませぬ。



再び悪玉菌化していく日和見菌。


そ...そんな...戦えない...
善玉菌軍団は、正義の軍団。
こんな人達とは戦えない...
どうすればいいんだー!!


戦う必要はありませーん!!



おぉー!もしや、君たちはー!


はい、ご想像通り、
我々は、先代の後をついだ
二代目"乳酸菌"部隊です!
善玉菌軍団救援のためにかけつけました。


イエッサァアアアアアアアアアー!!!


話は、すべてきかせてもらいました。
日和見菌さんたちは、
悪玉菌優位の状況だから、
悪玉菌化しているとのこと。


これから僕らの力で、世界を酸性化すれば、もとの日和見菌にもどるはずです。
戦う必要はありません。我々にお任せください。


おぉー!


やるぞ 諸君。


イエッサァアアアアアアアアアー!!!



日和見菌の裏切りにより、一気に劣勢に立たされた「善玉菌軍団。
そこへ現れた「二代目乳酸菌部隊」


果たしてこの戦いの結末はいかに?!


次回、腸内無双「四の陣」奇跡の雨にご期待ください。




※この物語「腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -」は、善玉菌、悪玉菌、乳酸菌の関係を分かりやすく解説するために、イメージで物語化したものです。正確には異なります。








腸内無双「弐の陣」ただでは死なぬ乳酸菌部隊<<前のページ







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス