サプリコラム

何故アメリカ人はサプリをたくさん飲むの?アメリカのサプリ事情


ご存じの方は多いと思いますが、アメリカはサプリメント大国ですよね。日本でも近年ではサプリメントは身近なものになってきていますが、アメリカほどではありません。アメリカ人の殆どが数種類のサプリメントを日常的に服用しています。


アメリカではサプリメントを食品と薬の間のもの(ニュートラスティカル)と分類されていて(ちなみに日本では食品の一つとされてます)、食事とサプリメントによって健康を維持するものだという考えがあります。


アメリカの医療費は高い


日本人は、何か身体に悪いところがあったら病院に行こうと考えますよね。その考え方の根底には健康保険制度があります。それにより患者は医療費の3割だけ負担すれば良い訳ですから、そこまで高額だと感じないのです。



一方のアメリカには公的な健康保険制度がなく、民間の保険会社の保険に入ることになります。しかし高額なため未加入者が多く、医療費が高くなってしまうという訳です。病気の治療に数百万かかってしまうことがありますから恐ろしいですよね。


病気にならないように予防する


ですからアメリカ人はそもそも病気にかからないようにするため、健康な身体を維持するためにサプリメントを飲んでいるのです。アメリカにはサプリメント専門医なるものがたくさんいて、普通の病院にかかる人よりも多いぐらいです。



正直なところ、日本のサプリメントよりもアメリカのサプリメントのほうが栄養素が高く、お値段が安いものが多いです。また、種類も豊富です。需要の高いものはどんどん作っても儲かりますし、その資金で良い品質のものが作れるようになりますからね。


それだけでなく、DSHEAという法律によってすべての情報を開示しなければいけない決まりがあることは大きいです。都合の悪い情報を隠すことが出来ず、効果効能、飲むタイミングまで記載されているので分かりやすく、信頼して服用できるので人気が高いという訳です。


関連ページ

サプリメントはどの形状の物が良い?錠剤・粉末・ドリンクなど
サプリには使用期限と保存方法がある。安全に摂取するために守ろう!
サプリメントを飲む際の注意点(過剰摂取・飲むタイミングなど)







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス