食生活コラム

アルコール依存症は心の病気?改善方法は?

お酒は日々のストレスを発散するために欠かせないという人は多いでしょう。仕事の後の一杯は最高に美味しいですよね。酒は百薬の長のという言葉通り、少量であれば血行が良くなったり、楽しい気持ちにさせてくれます。



しかし習慣的に飲んでいると耐性がついてきて少しの量では気持ち良くなれないので自然と飲む量が増えていきます。徐々に増えて程よい量で止めることが出来ず、ところかまわず飲むようになり、飲酒をやめたくてもやめられなくなります。お酒を飲んでいないと落ち着かない、不安になる、それが依存状態です。


アルコールへの依存度は人それぞれ違い、遺伝しやすいと言われています。タイプとしてはアセトアルデヒドの酸化能力が正常である人がアルコール依存症になりやすく、お酒を飲むと顔が赤くなるお酒に弱い人はアルコール依存症になりにくいです。


どのような症状が出るのか?


身体に起こる症状としては、頭痛や発汗、吐き気、全身の震え、不眠、不整脈、幻聴、けいれん発作などがあります。これらはアルコール摂取を中断した時に起こるもので、これを抑えるためにまたお酒を飲んでしまう...という悪循環になってしまいます。



また、精神疾患的症状も出てきます。幻覚・幻聴、嫉妬妄想により周りに当たり散らしたりして攻撃性が高まります。しかし、その時の記憶が抜けてしまったり、後ろめたいがために知らないと白を切ることもあります。家族だけでなく他人にも迷惑をかけ、信用を失ってしまいます。


アルコール依存症が進行すると他の病気も併発します。肝障害を始め胃腸障害、脳神経障害、がん、糖尿病などがあります。またうつ病などの精神障害も引き起こし気持ちが沈み、自殺してしまう人もいます。


早期治療が必要



アルコール依存症は早めに治すということが大切です。遅くなると症状がひどくなりますし、治すのが難しくなってしまいます。そして自力で、家族だけで治そうとしないようにして下さい。まず、専門医に診てもらって適切な治療をしましょう。


抗酒剤を飲むことで少量の飲酒でも強い二日酔いの症状が出ます。それによりすすんで飲酒することを防ぎます。そして断酒会に参加することがとても効果的だと言われています。一人で断酒することは辛いですが、同じような仲間がいると止めやすいのです。


一度アルコール依存症が治ったとしても、また再発することがあります。一生付き合っていかなくてはならないものなのです。少量だから大丈夫...というのは危険です。完全に依存症から逃れるには飲まないようにするしかないのです。


関連ページ

うつ病になると食欲が減退する?増加する?
心の健康を保つ食事とは?トリプトファン・カルシウム・ビタミン
イライラしたら甘いものは間違い!?糖質で血糖値が上がると...







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス