乳酸菌よくあるQ&A

腸内フローラ・プロバイオティクスとは何のこと?アンチバイオティクスは?


乳酸菌に関して調べていると、腸内フローラ、プロバイオティクスなんて言葉を目にします。あまり見慣れないカタカナが出てくると、飛ばしちゃいがちですが、そんなにむずかしいことではないので、把握しておきましょう。簡単に説明します。


人間の腸の中には、いろいろな種類の細菌がものすごい数います。数字でいえば、500種類以上、約100兆個。それらは、縦横無尽にただ散らばっているわけでなく、種類ごとにまとまって生息しています。その状態を「腸内フローラ」といいます。


そしてこの腸内フローラのバランスを整え、体にいい作用を与えてくれる生きた微生物を「プロバイオティクス」といいます。


プロバイオティクスというと、アンチバイオティクスという言葉もあります。アンチバイオティクスとは、抗生物質のこと。抗生物質は、病院で薬の説明を受ける時に、きいたことのある方も多いでしょう。



・アンチバイオティクスの方は、病気になってから細菌を退治する治療方法、


・プロバイオティクスの方は、はじめに体にいい菌を増やしておいて、病気を予防するという考え方です。


行動おこすのは、病気になってからでも十分なんて考えもありますが、抗生物質の方は、いい菌まで退治してしまったり、耐性菌が発生してしまったり、副作用があったりと負の面もたくさんあります。まぁ、病気にならないにこしたことはありません。壊れたものを直すより、はじめから壊れない方がいいに決まっていまからね。


ちなみに、すべての乳酸菌が、プロバイオティクスではなく、いくつかの条件があります。


プロバイオティクスの条件

価格が安い 扱いやすい
食品などの形で、手軽に摂取できる
安全性が保証されている
小腸下部や大腸、腸内で増殖ができる
胃液、胆汁をのりこえ、生きたまま腸まで届く
抗菌性物質生産、病原性抑制、明らかな有用効果がある
もともとは、の腸内フローラの一員


プロバイオティクスに使われる細菌は具体的に、
ブルガリア菌 
LG21乳酸菌 
1073R-1乳酸菌 
ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株  
ラクトバチルス・ロイテリ菌 
カルピス菌  
LC1乳酸菌  
ビヒダスBB536 
LGG菌   
BE80菌  
クレモリス菌
ガセリ菌SP株 
ビフィズス菌LKM512  
フェカリス菌FK-23株 
乳酸菌LS1 
ラクトバチルス・プランタラム
ラクトバチルス・プレビス
テトラジェノコツカス・ハロフイルス
ペディオコッカス・ペントセサウス
ラブレ菌 
です。


プロバイオティクスに使われる細菌は、乳酸菌だけではなく、納豆菌、糖化菌、酪酸菌などもあります。


ちなみに、「腸内フローラを良好にし便通を改善」という機能性表示が消費者庁に認められている機能性表示食品「ヘルスエイド ビフィーナS」は数多くある乳酸菌サプリの中でも人気商品となっています。


(参考ページ→「ヘルスエイド ビフィーナS(森下仁丹)」ビフィズス菌(ロンガム種)で便通を改善




乳酸菌は腸にいいそうだけど腸の役割って?小腸と大腸の違いは?


乳酸菌といえば、腸内環境を整えてくれるもの、腸にいい菌として知られていますが、そもそも腸とは何をする器官なのでしょう。また、腸は大きく分けると、小腸と大腸になりますが、それぞれの役割はどうなっているのでしょう。


理科、生物でやったような記憶はあっても、忘れている人も多いはず、簡単に説明したいとおもいます。


小腸



胃で溶かされた食べ物が次にたどりつく場所、小腸。消化液と混ぜて均一にして、ここで栄養分を吸収します。小腸の長さは、6mくらい。内部の表面は、絨毛(じゅうもう)という小突起が無数に生えていて、それが、無数のひだになっています。


ここを通過することで、食べ物が吸収される仕組みです。広げたときの表面積でいうと、テニスコート約1面分。そんな大きなものが体の中にあるなんて不思議ですが、そのおかげで、ものすごく効率的に吸収できるんですね。


大腸



小腸で栄養分を吸収された残りの食べ物が大腸へと送られてきます。大腸ではおこなわれるのは、水分を吸収。大腸の表面は、厚い粘膜状になっていて、容量が、4分の1くらいになるまで水分を吸収します。


栄養分と水分のなくなった食べ物のカスが、いわゆる大便で、肛門に送られ、外に排出されるというわけです。


大腸の役目の、水分の吸収。あまり大腸に便をためすぎると、どんどん水分が吸収されて、硬い便になってしまうんですね。便秘の原因です。定期的に、排便しなければならないのは、これを避けるためですね。


小腸・大腸はさらに細かく分けられる。


小腸・大腸で分けましたが、小腸はさらに、十二指腸、空腸、回腸に分けられ、大腸もさらに盲腸、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)、直腸に分けられます。詳しく知りたい人は、それぞれについて調べてみてください。


一口にいうと、、腸は、食べた栄養を吸収するところ。人間が生きていくための大本です。どれだけ食事に気を使っていても、腸がちゃんと働いてくれていなければ、意味がありません。腸を整えてくれる乳酸菌は、人間にとって非常に重要な存在といえるでしょう。


関連ページ

乳酸菌が含まれる食べ物は何?乳酸菌のエサとは?
《便秘と乳酸菌》乳酸菌が効くタイプの便秘・効かないタイプの便秘
朝or夜?食前or食後?乳酸菌はいつとるのが効果的?
牛乳を飲むとお腹をこわす人は、乳酸菌・ヨーグルトもダメ?
サプリメント・健康食品・保健機能食品・栄養機能食品の違いは?







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス