乳酸菌よくあるQ&A

納豆菌と乳酸菌を一緒にとっても効果がある?相性・食べ合わせは?


一時期ほどの人気は無くなりましたが、定番の健康食品、納豆。納豆には、納豆菌が含まれていることはご存知だと思いますが、乳酸菌との相性はどうなんでしょう。


体にいいものでも、食べ合わせによって、効果が半減してしまうなんてことはよくあります。菌と菌でケンカはしないんでしょうか。


実は、納豆菌と乳酸菌の相性は、バッチシなんです。


納豆菌と乳酸菌が同時に存在することで、乳酸菌が増殖することが分かっています。納豆菌が分解されたものを、乳酸菌がエサにするからです。


納豆菌をたくさん摂る人と摂らない人では、乳酸菌の量が10倍の差がある場合もあるようで、乳酸菌とコンビでとりたい菌といえるでしょう。乳酸菌をちゃんととっているのに、あまり効果がないなんて人は、納豆菌を一緒にとることで、効果があらわれるかもしれません。



昔の日本人の朝食といえば、納豆に漬け物。漬物が植物性乳酸菌のあるものなら、非常に体にいい組み合わせだったんですね。


植物性乳酸菌が多く含まれるキムチ


おかずとして食べるなら、納豆キムチでしょうか。キムチは植物性乳酸菌が豊富なので、納豆キムチならこれ以上のないタッグです。


キムチに多く含まれる乳酸菌は力強い特徴があり、胃液にも負けることなく腸まで生きたまま届きやすい性質があるといわれています。


一方、納豆菌も沸騰したお湯に何時間も入れても死滅しないほど強いという特徴がありますが、そんな納豆菌を殺してしまうほどに、キムチが含む乳酸菌は力強いのです。というと、納豆とキムチは食べ合わせが悪そうに思えてきますが、納豆菌をエサにして乳酸菌が増加できるから相性は良いと言えるのです。


また、ダイエット目的で乳酸菌を摂ろうと思っている方も多いと思います。キムチには基礎代謝を活発にさせてくれる効果もあるので痩せたいと思っている方には一石二鳥と言えますね。


参考ページ・・・乳酸菌でダイエット?!ほんとに痩せるの?


納豆キムチはチャーハンやパスタにしてもおいしいですよね。好きな人は、毎日いっちゃってもいいでしょう。ですがこれはキムチや納豆に限った話ではないのですが過剰摂取・食べ過ぎには注意しましょう。


ただ、納豆もキムチもくせのある食品。苦手な人も多いでしょう。健康のために無理してでも食べる...というのは、今の時代必要はありません。


今は、サプリメントなんて便利なものがあります。乳酸菌はもちろん、納豆菌のサプリも出ています。食事からとるのが難しいという人は、サプリメントなどできっちり補っておきましょう。







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス