乳酸菌よくあるQ&A

乳酸菌とるならヨーグルト?乳酸菌サプリ?どっちがオススメ?


スーパーへ行けば、免疫機能を活性化して風邪・インフルエンザ予防につながるといわれる「明治R-1ヨーグルト」をはじめ、最近ではとても多くの種類のヨーグルトが発売されています。


一方、ネット通販では、便通を改善するという機能性表示食品の「ヘルスエイド ビフィーナS(森下仁丹)」をはじめ、乳酸菌サプリも最近人気で商品数もどんどん増えてきています。


参考:乳酸菌サプリおすすめランキング


では、乳酸菌をとりたい場合には、ヨーグルトか乳酸菌サプリかどちらを選べぶのがよいのでしょうか?



乳酸菌の効果を期待するなら「乳酸菌サプリ」


摂取できる乳酸菌の量は商品によって違いはありますが、乳酸菌サプリのほうが多いと言えます。


乳酸菌サプリ1回分でとれる乳酸菌をヨーグルトでとろうと思うと、およそ100食分に相当してしまう場合もあります。


いくらヨーグルトが好きな方でも、1日に100個も食べるのは現実的ではありませんね。


カロリーの問題もあり


乳酸菌を多く摂ろうとしてヨーグルトを1日100個までとはいかなくとも、2個から3個食べるとしても、かなりカロリーを摂ることになります。毎日続けるとなれば、なおさらカロリーの問題は気になるところです。


乳酸菌をとることで便秘を改善してダイエットに役立てたいと思っている女性も多いですが、ヨーグルトの食べ過ぎはカロリーをとりすぎることにもなり、ダイエットにあまりよろしくありません。


その点、乳酸菌サプリは、ほぼカロリーがないので安心して飲めます。


乳酸菌を生きたまま腸まで届けられる


乳酸菌は胃酸や熱に弱いという特徴があるため、腸へたどり着く頃には死滅してしまうのが普通です。


乳酸菌サプリの場合には、商品にもよりますが、胃酸などから乳酸菌を守り、生きたままで腸へ届く工夫がされているものもあります。


例えば、人気の乳酸菌サプリである「ヘルスエイド ビフィーナS(森下仁丹)」の場合、ハイパープロテクトカプセルを使用することで生きたまま腸まで届く工夫がされています。


まとめ


このように、乳酸菌をとるのが目的であれば、ヨーグルトよりも乳酸菌サプリのほうがオススメできるポイントは多いですね。


今まで、乳酸菌をとるのを目的としてヨーグルトを食べていた方も多いでしょうけれど、これを機に、乳酸菌サプリに乗り換えてみて、体の変化を観察してみるのも良いかと思いますよ。


乳酸菌サプリおすすめランキングを参考にして、あなたに合うサプリ選びをしてみてくださいね。







  人気の乳酸菌サプリ一覧

 

まずはここから!乳酸菌の基礎

 

乳酸菌の効果・効能

 

乳酸菌のいろいろな種類と特徴

 

乳酸菌よくあるQ&A

 

ためになる?乳酸菌こぼれ話

 

みんなの「菌活」口コミ体験談

 

サプリコラム

 

食生活コラム

 

便秘・風邪に関するアンケート

 

腸内無双 - マンガで分かる乳酸菌の役割 -

 

介護保険でまかなえるサービス